個人事業承継税制

このエントリーをはてなブックマークに追加

個人事業承継税制

2019年1月1日から

2028年12月31日までの間に行われる

相続と贈与に限り,

事業用資産の

相続税・贈与税の負担が

実質0となる,

個人事業承継税制が設けられます。

これは,

個人事業者の後継者のうち

一定の者が、

相続や贈与により

事業用資産を取得し、

事業を継続していく場合、

担保の提供を条件として、

一定の事業用資産にかかる

相続税又は贈与税の納税額の

全額が納税猶予され、

後継者の承継時の資金負担が

実質0となる制度です。

対象 事業用資産
        ① 土地(400㎡まで) ② 建物(800㎡まで) ③ 機械・器具備品 ④ 車両・運搬具 ⑤ 生物(乳牛・果樹等) ⑥ 無形償却資産  
このうち, 先代事業者の 事業の用に供されており,
贈与・相続等の発生した年の
前年分の事業所得にかかる 青色申告書の
貸借対照表に計上されていた資産が 対象です。

これは,

平成30年度に設けられた

法人の特例事業承継税制と

同様の制度となっております。

活用にあたっては、

以下の点に注意しましょう。

1.経営承継円滑化法に基づく

認定が必要です。

2.2019年度から5年以内に、

「承継計画」を

前もって

都道府県に提出することが必要です。

(承認計画の作成には

認定経営革新等支援機関の

指導および助言が必須です。)

堤税理士事務所は認定経営革新等支援機関です

3.この個人版事業承継税制は

既存の事業用小規模宅地特例との

選択制となっています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です