委託販売において、 受託者

このエントリーをはてなブックマークに追加

委託販売において、

受託者は

純額処理が原則とされ、

例外的に

両建処理が認められている。

 

しかし、

取扱商品が

軽減税率対象資産の場合は、

例外の両建処理は

認められないので、

注意する必要がある。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です