(リース取引の範囲)

このエントリーをはてなブックマークに追加

(リース取引の範囲)

 

 

(リース取引の範囲)

第百三十一条の二 法第六十四条の二第三項(リース取引に係る所得の金額の計算)に規定する政令で定める資産の賃貸借は、土地の賃貸借のうち、第百三十八条(借地権の設定等により地価が著しく低下する場合の土地等の帳簿価額の一部の損金算入)の規定の適用のあるもの及び次に掲げる要件(これらに準ずるものを含む。)のいずれにも該当しないものとする。
一 当該土地の賃貸借に係る契約において定められている当該賃貸借の期間(以下この項及び次項において「賃貸借期間」という。)の終了の時又は当該賃貸借期間の中途において、当該土地が無償又は名目的な対価の額で当該賃貸借に係る賃借人に譲渡されるものであること。
二 当該土地の賃貸借に係る賃借人に対し、賃貸借期間終了の時又は賃貸借期間の中途において当該土地を著しく有利な価額で買い取る権利が与えられているものであること。
2 資産の賃貸借につき、その賃貸借期間(当該資産の賃貸借に係る契約の解除をすることができないものとされている期間に限る。)において賃借人が支払う賃借料の金額の合計額がその資産の取得のために通常要する価額(当該資産を事業の用に供するために要する費用の額を含む。)のおおむね百分の九十に相当する金額を超える場合には、当該資産の賃貸借は、法第六十四条の二第三項第二号の資産の使用に伴つて生ずる費用を実質的に負担すべきこととされているものであることに該当するものとする。
3 法第六十四条の二第一項の規定により売買があつたものとされた同項に規定するリース資産につき同項の賃借人が賃借料として損金経理をした金額又は同条第二項の規定により金銭の貸付けがあつたものとされた場合の同項に規定する賃貸に係る資産につき同項の譲渡人が賃借料として損金経理をした金額は、償却費として損金経理をした金額に含まれるものとする。

一般的な家庭でも相続税はかかる時代です
●相続人が争族人にならない対策をしたい。
●財産は生前に贈与した方が得?
生前贈与の仕方や、
子孫に財産を残す事業継承の仕方をアドバイス

電話048(648)9380 お気軽にご相談下さい

なお、税理士料金は、15万円からと

業界最低料金を目指しております。

 税理士料金表
——————————————————————————–
税理士報酬の目安
相続財産が5千万円程度の場合、30万円前後です。
相続財産が8千万円程度の場合、40万円前後です。
相続財産が1億円程度の場合、50万円前後です。
相続財産が2億円程度の場合、80-100万円前後です。
相続財産が3億円程度の場合、100-150万円前後です
(平均的な税理士の
相続税申告の報酬1%
に比較して半額程度の金額で、
お引き受けいたします)

良心的料金でも品質は一流の

TKC、JDL、陰地名人(土地評価システム)など
相続税申告書システムを複数使用し低い評価額で

計算しますのでご安心ください。

なるべくお客様のご希望に沿う料金で
承りたいと考えております。
どうぞ、安心してご相談ください。

相続税専門堤税理士事務所へ、ご依頼ください。
ご相談お見積り料無料です。
お客様それぞれに「親切・丁寧」な対応を進めております

048(648)9380

お知らせ

2019年3月20日
30年からの事業承継特例,贈与税
2019年3月19日
先代⇒2代目⇒3代目への事業承継
2019年3月19日
贈与時における事業承継税制
2018年12月23日
贈与契約の取消しは贈与税が免除されるか?
2018年12月23日
中古車の相続税の価格は買取価額で大丈夫?

 

› 続きを読む

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP